(会期2日目)
産学連携
(ハイブリッド開催)

主催:産学連携検討委員会

協力:行事企画委員会

産学連携・共創セッション

日本セラミックス協会では,設立当初より,産業と学術が繋がりをもった活動を行うことによって,新技術の研究開発や,新事業の創出を図り,産業界と学術界相互の発展に寄与することを目指してきました.これまで,産業界のニーズと学術界の研究シーズの出会いの場や相互情報・意見交換の機会を提供するために「産学連携活動」を継続的に行ってきております.そして,未来に向けて,日本が強いセラミックス・材料技術をさらに伸展させるためにセラミックス分野の産学連携を強力に推進していきたいという趣旨で,2019年の年会から,「産学連携・共創セッション」を設けました.2019年は,主に産業サイドから大学へ向けた期待・要望・情報提供が中心でした.2021年年会(オンライン)は産学連携を考える上で重要な視点であるオープンイノベーションについて,この分野での著名な有識者であるJapan Innovation Networkの代表者から基調講演いただき,また産業界に向けて,学官の有識者から産学連携に関する取組みの考え方・成功事例・メッセージ等を講演いただきました.


2022年年会では第1部に「我が国のマテリアル戦略について」経済産業省 堀部雅弘氏、「産総研マテリアル・プロセスイノベーション(MPI)プラットフォームの紹介」産業技術総合研究所 石原正統氏、第2部に海外での産学連携の取組み「アメリカ・MITでの産学連携の取組・事例」マサチューセッツ工科大学 Japan Chapter所長 矢野敬二氏にご講演いただきます.


セラミックス分野の産学連携の裾野を広げていくためにも,産業界の方々だけでなく,学術分野の方々ならびに学生など,産学連携・共創に興味ある様々な立場の方に参加していただきたくお願い致します.

セッションのプログラム


開催日時:2022年3月11日(金)10:00~12:00

場:ハイブリッド開催(現地講演またはZOOMによるオンライン開催)

司会進行:今中佳彦(日本セラミックス協会 特命担当理事)

第1部:日 時:3月11日(金)10:00~11:00

「我が国のマテリアル戦略について」 講演30分(質疑応答込み)

経済産業省 産業技術環境局 研究開発課 堀部雅弘氏

「産総研マテリアル・プロセスイノベーション(MPI)プラットフォームの紹介」 講演30分(質疑応答込み)

産業技術総合研究所 材料・化学領域 研究戦略部 連携推進室 石原正統氏

第2部:海外での産学連携の取組み「アメリカ・MITでの産学連携の取組・事例」

日 時:3月11日(金)11:00~12:00(質疑応答込み)

マサチューセッツ工科大学 Japan Chapter所長 矢野敬二氏

聴講・参加について

セラミックス協会年会の参加者なら,どなたでも自由に聴講いただけます.事前登録も必要ありません.

ただし,現地会場の参加については会場に定員を設けているため,事前申込制とします.